スノーボードへ行ってきました。
今年の冬は暖冬で雪がまだ降っておりません。
近くのスキー場ではなかなか雪がなくて、オープンも2度延期されておりました。
近くの佐久スキーガーデンパラダではもともと佐久地方では雪は少ないので、90%以上人工降雪期に頼っている状態ですが、今年は気温も暖かく、スノーマシンも-4℃くらいまで気温が下がらないと雪にならないらしく雪が作れない状態のようです。

 
そこで、標高が高い湯ノ丸高原スキー場へ行ってきました。
1月4日でしたので、混んでいるかと思って行ったのですが、思いの外空いていてびっくり。
リフト待ちはなし。
雪は少なく、道を挟んで右側と左側にゲレンデがあるのですが、メインの右側の方は、ほぼ全面滑走可能でしたが、左側の上級者コースはうっすら雪がある程度でコース閉鎖中でした。
2016年1月4日湯ノ丸
奥にうっすら雪があるのが上級者コースです。

このスキー場は標高が高いので、夜間などでしたら気温も下がるので人工降雪機で雪が作れるので、右側のゲレンデは何とか滑れる状態でした。
昨年から息子がスキーでなくボードがやりたいと私もつきあって25年ぶりくらいにボードを再開したのですが、何とか昔の感が残っており、一応それなりに滑れております。
たださすがに年には勝てず、普段使わない筋肉が悲鳴をあげております・・・
| komamuray | スキー・スノーボード | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.komamura.com/trackback/1028801